4.企業‎ > ‎

2012AF1 大気への排出についてのリスクコミュニケーション候補企業

ここまでの解析結果で、一覧表に登場した企業について、何回登場したかをまとめた。これまでの解析では、削減ベスト10なども実施しているので、登場回数が多いから悪いということはないが、何らかのリスクコミュニケーションを実施する候補として挙げることができる。

.大気全国F-大気への排出についてのリスクコミュニケーション候補企業

 

企業名

登場回数

1

住友金属鉱山()

13

2

新日鐵住金()

11

3

スズキ()

8

4

富士重工業()

7

5

小名浜製錬()

7

6

三井化学()

6

7

ケミプロ化成()

6

8

トヨタ自動車()

6

9

()SUMCO

6

10

今治造船()

6

11

三菱瓦斯化学()

6

12

住友化学()

6

13

小坂製錬()

6

14

日本化学工業()

5

15

()日本ファインケム

5

16

JFEスチール()

5

17

TPR()

5

18

日立化成()

5

19

トーハツマリーン()

5

20

パンパシフィック・カッパー()

5

21

伊藤鉄工造船()

5

22

日比共同製錬()

5

23

日揮触媒化成()

5

24

東邦亜鉛()

5

25

三菱マテリアル()

5

26

大塚化学()

5

27

王子製紙()

4

28

兼松日産農林()

4

29

ジャパン マリンユナイテッド()

4

30

富士フイルムファインケミカルズ()

4

31

三菱レイヨン()

4

32

東栄化工()

4

33

()名村造船所

4

34

()東根新電元

4

35

()大島造船所

4

36

ダイワボウレーヨン()

4

 

NPO法人有害化学物質削減ネットワークでは、この表に掲載された企業だけでなく、本レポートに登場した全企業に本レポートを郵送し、企業のコメントを求め、更に市民と企業のリスクコミュニケーションを推進する活動を実施してゆく予定である。

 

Comments